ブログ


Dear mom Vol.27 『 親の「感動」が子供を大きくする 』

Dear mom Vol.27

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

親の「感動」がこどもを大きくする

 とはいえ、「ほめる子育て」は、まだ十分理解されていないようです。

 まず、「ほめられるのに慣れた子どもは、ほめられないと動かなくなるのでは?」とか、「いいことと悪いことの区別がつかなくなるのでは?」と心配する人もいます。

 事実はその正反対です。「ほめる子育て」を実践すると、愛されている子どもは心にネガティブなところがないので、まっすぐ優しく育ちます。

 素直で能力が高く、大人の注目を浴びる為に、問題行動を起こすこともなく、そもそも叱るようなことがないのです。

 なお、大脳生理学から「ほめる子育て」を検証すると、興味深いことがわかります。

 感動に満ちた言葉がけを受けた子どもの心には、感動が育ちます。そして感動が育つと、大脳辺縁系の扁桃体が育つのです。

 扁桃体は情動をつかさどります。そして、感動のシャワーを浴びるチャンスが多いほど、扁桃体はよく育つのです。その回路は右脳に通じていますから、扁桃体を育てる「感動教育」は、大きな意味で、右脳開発でもあります。

 今の教育の主流は前頭葉に刺激を与える「知性教育」が中心で、「感動教育」は行われていません。

 しかし、イチロー、松井秀喜さん、横峯さくらさん、福原愛さんといった一流の人たちの育てられ方を聞くと、最高の感動教育を受けていることがわかります。

 それぞれの分野で秀でた業績を上げるには、最高の感動をもらって、扁桃体を育てることが大切なのです。                         魂の教育  七田眞著より抜粋

~☆~~☆~~~☆~~~~☆彡

 そういえば、ドーマン法の開発者のドーマン博士が興味深い実験をしていました。才能開発教室に通う子ども達を2つのグループに分けます。金髪おバカママグループと黒髪知的ママグループ(あくまでもたとえです)。

 さて、どちらの子ども達がよく発達していたでしょうか?・・・なんと、金髪おバカママグループ!!スタッフ全員の予想は裏切られたそうです。そしてその差は、どこからくるのか調べたところ、ほめ方だったとのこと。知的レベルの高いママは、子どもが何かできた時、リアクションが薄く、それに比べ、おバカママは、髪をふりみださんばかりに喜んでメチャクチャほめる。わが子のできた!に純粋に感動できるんですね。まさに「感動教育」です。

 教室に来られるお母様、お父様は知的レベルの高い方ばかりです。が、ここはひとつ、わが子の成長の為、「メチャクチャほめる」を、実践していきましょうね。      代表 市原 美歌

~☆~~☆~~~☆~~~~☆彡

「こどもを認める、ほめる」というのは、口先だけのことではないからです。本当に「ほめる」子育てをするためには、親は、根本的に、わが子に対する見方をふかめていかなくてはなりません。

 基本は「できなくてあたりまえ」という前提から出発することです。

 子どもに対して勝手に設定した基準を、いったんすべてなくしてしまいましょう。すると、こどものすることはすべて愛らしく、喜びをもたらしてくれます。

 ちょっとした成長のサインだけでも嬉しく、感動に値することがわかります。そして自然に、心の底から、「あなたはすばらしい」と、子どもに語りかけているはずです。

つまり、本当の「ほめる子育て」とは、「親の感動を伝える子育て」なのです。   魂の教育より  

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.26 「 どんな子どもを育てたいか 」

Dear mom Vol.26

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

どんな子どもを育てたいか

 幼児教育は、ついつい知識を詰め込み、技術を教えることに目が行ってしまいます。

それらは確かに大切なことには違いありませんが、もっと大切な事は、子どもが自分で学ぶ力を育てる、ということです。

 ただ知識を学ばせるのではなく、自分で学ぶ力を育ててやりましょう。学びたい気持ちを引き出し、自分で学ぶ環境作りを考えてあげましょう。

 これからの時代に求められるのは、自分で考え、行動し、問題解決していく能力を持った人材です。子ども達に、自分で観察し、実験し、工作させる、スペースと時間をご家庭で作りましょう。

 さて、表題の「どんな子どもを育てたいか?」について七田先生は以下の様に言っています。

  1.個性のある子に育てる。

  2.感性のある子に育てる。

  3.創造性のある子に育てる。

  4.心の豊かな子に育てる。

  5.人間性のある子に育てる。(勉強中心でなく、人への思いやり、やさしさのある子に育てる。)

 これを「コソカシン人間」と、覚えましょう。七田式らしいですね!(笑)。

 コは個性、カは感性、ソは創造性、シンは心、人間は人間性を表します。

 とはいっても、目の前に、お受験があるんですよ~。という声が、聞こえてきそうです。

 場所柄、教育熱の高い地域でもあり、小学校受験をお考えのかたも多いことでしょう。子育ての目標は、有名小学校に入学させることではありません。が、小学校受験が子育ての関門であることは事実です。この関門を通過するには、小学校受験でどんな子どもが合格の基準となるか知っておくことは、子育ての上で決して無駄にはならないでしょう。

 有名小学校が試験で子ども達を評価する基準は次の10項目あります。

  1.感性が豊かか・・・自然を見て感動する心、やさしさ思いやりが育っているか

  2.目の輝きがあるか・・・身の回りのことに対する興味、関心。意欲、積極性

  3.体が丈夫に育っているか・・・ボール遊び、スキップ、外遊び

  4.注意力、集中力があるか・・・人の話が注意して聞けるか

  5.理解力、表現力があるか・・・考えたり、理解したことを言葉、絵、作業で表現

  6.生活を自立しているか・・・ハミガキ、洗顔、衣類の着脱。挨拶、お礼、謝罪など

  7.生活体験は豊かか・・・家族で遊園地、音楽会、美術館。双六、トランプ、かるた。

  8.社会性、協調性はあるか・・・集団行動。よい、わるいのけじめがあるか

  9.情緒が安定しているか・・・泣いたり、騒いだりしない。粘り強さ。穏やかさ。

  10.創造性、想像性はあるか・・・お話しから、想像したり、絵に描いたりできるか

 以上、10項目あげましたが、何よりも大事なことは、親子関係がしっかりと育っているかです。この10項目は、しっかりとした親子関係の土台の上に築かれていくものですので、そこはブレないでくださいね。また、子どもの「できない」はできないのではなく、親の「教えていない」です。

「興味がない」は「興味の持たせ方」に工夫が必要だからです。

 子育ては、目の前の受験の為ではなく、この子たちの20年後、30年後、未来を託すことのできる人間を育てることが教育の目的であることを覚えておきましょう。    

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.25 「 おへそのさき 」

Dear mom Vol.25

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 

 「 おへそのさき 」

 だいちゃんは おかあさんの おへそをさわりながら、

 ふっと、ふしぎな きもちに なりました。

「おかあさんの おへそも、おばあちゃんと つながっていたの?」

「そうよ。おばあちゃんの おへそは、ひいばあちゃんに、ひいばあちゃんの

 おへそは ひいひいばあちゃんにって、ずっと つながっていくのよ。」

「ずっと ずっと?」

 だいちゃんは、「ずっと ずっと」が どこまで つづくのか

 かんがえながら、たどっていきました。

「おへその ずっと さきは、どこに つながっているのかなぁ?」 

 

あらすじ:あかちゃんが、生まれるのを楽しみにしていたはずのだいちゃん。実際に生まれてみたらみんなが妹をかわいがってばっかり・・。面白くないだいちゃんは、思わず、赤ちゃんのほっぺを、ぎゅう!(つねる)しちゃいました。そんなだいちゃんにお母さんはおへそのさきのおはなしをはじめます。

上の子が下の子にやきもちを焼く・・そんな経験はご兄弟をお持ちのお母さんは必ずありますよね。そんな時、みなさま、どんな対処をしていますか?やきもちを焼くというのは不公平感を感じるということで、それには脳内の扁桃体という部位が関係しています。(因みに、実験用マウスに過度なストレスをかけて育てると、扁桃体の肥大がみられ、ストレスに対する過剰反応がみられるようになります。)

要するに、やきもちを焼くという行為は、ごく当たり前の反応なのですが、それに対して、親は温かく接してあげていただきたいと思います。私たちも、赤ちゃんが生まれて初めて、お母さんになるように、上の子も初めて、お兄ちゃん、お姉ちゃんになるのですから。そうはいっても、なかなか理想通りにはいかないのが子育てです。そんな時、お母さんとお子さまにお助けの一冊になるんじゃないかなと思います。

以前、この絵本作者の入江富美子さんのお話を聞きましたので、ポイントを一つお伝えします。

すべての人は、み~んなお母さんとへその緒でつながっていました。そのお母さんはそのお母さんとおへそでそしてまたそのお母さんと。ということを、まず知って意識するだけで、命の尊さを考えることができます。そして、ず~っとつながってきたご先祖様たちのパワーもいただけるそうです!!(^^)!!

~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*

「へそ」の「へ」は、船の舳先(へさき)、へりでもあり先のこと、つまり先端のこと。

「へそ」の「そ」は、「もと」「祖」「素」であり、すべてのもとという意味。

「へそ」はすべてのもとから、今を生きている先の人のところまで、みんな美しくつながっているよ・・・そういう意味が込められているのです。このことが大事だということを日本人は昔から知っていたのでしょう。        

  へそ道 入江富美子著 サンマーク出版より抜粋

~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*

へそを意識してへそからも呼吸するつもりで、呼吸してみてください。普通の呼吸とは違った感じが得られると思います。おすすめです。呼吸法についてはまたの機会に詳しくお伝えできたらと思います。

 

 

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.24 「 和顔愛語(わげんあいご)(*^▽^*) 」

Dear mom Vol.23

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 「 和顔愛語 」

 2年ほど前になります。七田厚先生の講演会でのサインに、この四字熟語がありました。本にサインしていただいた方、きっと皆さん「どういう意味?」と思いませんでしたか?

 で、講演会後、早速質問してみました。

「仏教用語にある無財の七施から引用させていただきました。意味は、穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接することです。」とのこと。ふ~ん、まるで厚さんの雰囲気そのままだなと感心。

 今回の講演会は、日曜日ということもあったせいか、沢山のパパ達に来ていただきました。普段は忙しくなかなか子ども達と接する時間が取れないパパ達だと思いますが、皆さんとても熱心に講演を聞かれていました。さすが教室の生徒さん、意識の高さは素晴らしいですね。子どもの教育にパパが参加しいただくと、必ず賢い子に育ちます。

 えっ、パパとママでは教育方針がちがう?・・・大丈夫です。なぜなら、パパとママは役割が違うからです。母親はありのままの姿を受け入れます(受容)。それに対して父親はあるべき姿を教えます(社会)。これが、母性と父性の違いです。そして母性と父性の両方を学ぶことにより、子どもは、バランスよく育っていくことができます。

 うちは一人親で・・・大丈夫です。ちょっと大変ですが、ママ(もしくはパパ)が、母性と父性と両方の側面を使い分けて見せてあげましょう。

~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~

 生きていく上で、人はたくさんの人と出会います。その人たちと上手にコミュニケーションが取れれば、たいていの人生の悩みは解決してしまうと言えるかもしれません。

 ・・(中略)・・「人間関係に恵まれている」と自分で思える人ほど、学校や会社、スポーツや音楽の世界で活躍している、という調査報告もあるくらいです。そういう意味でも、幼児期に子どもが一番身近に接するのは親ですから、親と子の関係こそが、子どもにとっての人間関係のスタートになります。

 ここで大切になるのは、親の愛情がしっかり子どもにつたわっているかどうかです。人間関係の根本にあるのは「愛」、そして相手の心をくみ取ろうとする思いやりの「心」。子どもは知らないことはできません。親から十分な愛情を受け取って育つことで初めて、人を尊敬、尊重することを学び「人を愛する」「人から愛される」ようになります。

愛情を伝える手段となるコミュニケーションの基本は、「挨拶」と「返事」です。

 この二つが笑顔とともにできるだけで、多くの人に親しみを持ってもらうことができます。特に目上の人からかわいがってもらえるものです。・・(中略)・・

 家庭は、子どもにとって最初に触れる学びの場であることを忘れないでおきましょう。  

七田厚著 子どもの才能は親の口グセでひきだせる!からの抜粋 

~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~☆~~~~~☆~~~~☆~~~~~

 また、講演会では特に「絵本読み」の大切さを強調されていました。

「子どもを本好きな子に育てたら、子育ての半分は成功したものと思っていい。と、七田眞(父)が言っておりました。」いいですね~。

 絵本の読み聞かせは、子どもにとって親を独り占めにできる、また親にとっても愛情を伝えることのできる貴重な時間です。絵本読みの時間を楽しい親子の時間として持っていきましょう。

5月は新緑の季節。『目に青葉、山ほととぎす 初鰹』嬉しいもの沢山ですね♡ 

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.23 「 🌸  認めて ほめて 愛して育てる 🌸 」

Dear mom Vol.23

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 「 🌸  認めて ほめて 愛して育てる 🌸 」

桜、きれいですね~。毎年、見ているはずなのに毎年、今年の桜はきれいだなあ~と感動します。

日本の桜は、海外でも有名なようで多くの外国人が、お花見をしに来日されています。美しいものを感じる力は万国共通ですね。

 私は時々、大きくて立派な木を見つけると、手のひらをあてて、パワーをわけていただく事をしたりします。例えば、神社の御神木といわれるような木とかですと、ちょっと触ってみたくなりませんか。ただし・・桜の木は、花が咲き誇っているこの季節のみ限定です。

 なぜかというと、以前、植物とお話しできるある方が、花の咲いていない季節に桜に触ったら、

『なにをするんですか!触らないでください!温度が(私たちのいうところの体感温度が人肌の温度で)狂うじゃないですか!』と、言われたそうです。桜は、花咲く一週間の為に、本当に繊細に微妙な温度を感じ取って調節しているとのこと、そして一年分のパワーをこの一週間に出してくれるそうです。その話を聞いてから、一段と、桜を見るたびに感動が深まるようになりました。

 ちなみに、桜の木も「わぁ~!きれ~い!すご~い!」と、言ってあげ、またパチパチと手を叩いてあげると、とっても、喜んでくれるそうです。なんだか、子ども(大人も?)と、一緒ですね(笑)。

🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸

さて、この春から、子育てをする方全員に、心にとめておいていただきたいポイントがあります。

〈子育ての六つのポイント〉

 1.子どもの短所をみない。長所を見てほめる。

 2.今の姿をできあがった姿と見ない。成長の途中の過程と見る。

 3.完全主義で育てない。少しでもできたら感動し、ほめる。

 4.他の子どもと比較せず、子どもの個性と見る。

 5.学力中心で育てない。知識を教え込むことに一生懸命にならない。

 6.ありのままの子どもを受け入れる。

*これらの点に気をつけていただくと、子どもは親から愛されていることを実感でき、親子の信頼の絆ができます。すると、子どもは親の働きかけをすなおに受け入れるようになるのです。

~~~~****~~~~****~~~~****~~~~****~~~~

「認めて、ほめて、愛して育てる」教育を実践すると、子どもは自分が愛されて、尊重されているという確信をもてます。

「認めて、ほめて、愛して育てる」教育によって、心を育んだ子どもは、豊かな人間関係を楽しめるようになります。

「認めて、ほめて、愛して育てる」教育を受けると、子どもたちは心やさしく、素直に育ちます。

 考えてみれば、どんなお母さんも、わが子が生まれたとき感動し、精いっぱい愛し、大切に育てようと心に誓ったはずです。けれど子育てのあわただしさや、「こうなってほしい」「ああなってほしい」という焦りのために、そんな思いをつい忘れがちになってしまうのではないでしょうか。

 私は、お母さんがまず「かけがえのないわが子」という原点に立って、子どもと向き合うことを勧めています。というのも、最新の脳の研究成果によると、リラックスこそが子どもの能力を最大に引き出すことが分かっているからです。潜在能力を発揮するカギを握る右脳は、子どもがお母さんとの一体感を感じ、心からくつろいでいてこそ発揮できるのです。魂の人生学 七田眞著 七田厚監修より抜粋

~~~~****~~~~****~~~~****~~~~****~~~~

 七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.22 「 あなたは絶対!運がいい」

Dear mom Vol.22

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 『 あなたは絶対!運がいい』

私は大学生の時に何人かの子ども達の家庭教師をしていましたが、私が生徒の成績を心配し始めると、本人たちの心配まで膨らんでいくことに気付きました。

 例えば、いつも簡単な計算ミスをする生徒に

「大丈夫かな、今回も肝心なところでミスしたらダメよ」と思ったりいったりすると、知らないあいだに生徒の方でも、

「私ってほんとに小さなミスしやすいんだよね。今回もしちゃうかもな~」と、そうなって欲しくないほうに心が動くのです。 (中略)

 自分が不安になっていたときのことを思い返してみても、身近にいる人、特に親の「不安に対しての気持ちの持ち方」は大きな影響を与えていたと思います。

 私は大学を卒業してすぐにロンドンに留学しましたが、当時は不安でいっぱいでした。

自分のやりたいことがはっきりと決まっていなかったので、「打ち込めることがこのままずっと見つからなかったらどうしよう」とか、「帰ってきたときに留学の経験がいかせなかったらどうしよう」など、ただ漠然と不安だったのです。もともと真面目な性格だったこともあり、「ただ楽しんでくればいい」という気楽な気分にはなれませんでした。

 ですが、いつも母親が、「あなたが『よかった』と満足する状況に必ずなるから大丈夫よ」とせんげんしていたので、「そうか、よくわからないけど、最後はそうなるんだろう」となんの根拠もなく思っていました。

 実際、それから数ヶ月後に、やりたいことが見つかり、日本に帰国後留学時のことを書いた日記が本になりました。それから様々な出会いとタイミングが重なって本を書く世界に入ったので、考えてみると、本当に母親の言葉どおりになったのです。

 圧倒的な確信をもてそう言っている人がまわりにいると(それが親である場合は特にそうです)、自然と、「そうなのかもしれない」というように考え始めると思います。 これは、親から子どもでも、奥さんからご主人でも、上司から部下でも、友人から友人でも同じです。

 いつも一緒にいる人の状況を変えたい、好転させてあげたい、と思うのであれば、不安なイメージをあおるのではなく、望む方のイメージを与えてあげること、それにはまず自分がそうおもうことです。(あなたは絶対運がいい2 浅見帆帆子著より)

 その前頁には、あなたのイメージで相手が変わるとしてこんなことが書いてあります。

 同じように他人の為を思って心配している場合も逆効果になっていることがよくあります。例えば、親が子供のなにかを心配する場合、「このままではこうなってしまうわよ」「ああなったら困るでしょ」「こんな大変なことになるわよ」と口に出しながら心配したら、ますます悪い状況を引き寄せることになります。まっさらの状態の子どもに、わざわざ悪いイメージを植え付けていることになるからです。

 その問題を解決させるには、「このままいくとこうなってしまう」ではなく、子どもが望んだことをしている姿、たとえば「元気に学校へ通っている姿」、「楽しそうに勉強している姿」、「友達と仲良くしている姿」などを思い描くことです。

 幼い子どもにはお母様の思いがストレートに伝わります。どの子も育つ母親次第!子育ては親育てです。子どもを信じて褒め上手なママになりましょうね。

 七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌

 



Dear ⅿom Vol.21   🌸 フラワーエッセンス  🌸 

Dear mom Vol.21

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 🌸 フラワーエッセンス 🌸

カナダのレイクルイーズ、とっても綺麗な場所でした。そこは国立公園の中。10年前になります。美しい風景と、美しい空気に、身も心洗われる心地を味わいながら散策・・と聞くと、とっても素敵な感じに思われるでしょう。が、ほとんど山野道と部屋での講習会。次は観光で行くぞ!

 Dr.テリーウィラード、カナダの薬草学博士(他にも沢山の肩書)と、一緒に、山歩きをしながら、花の名前の由来や、薬草の効用など、教えていただきました。柳に解熱、痛み止めの効果があるなんて知っていましたか?ネイティブインディアンは、痛みのある時、柳の小枝を束ねて口に含むことをするそうです。余談ですが。

 フラワーエッセンスは、実は今から80年前にエドワード・バッチ博士によって開発されていました。彼は約40種類のフラワーエッセンスとブレンドエッセンスを開発、その後、ヨーロッパを中心に一般の人々にも注目されるようになり、世界に広がりました。

 フラワーエッセンスは、ホメオパシー(同種療法)から発展したものでもあり、極微量を摂取していくという点においては共通しています。が、フラワーエッセンスの働き方は、ポジティブな性質によってネガティブな心理状態を相殺すると考えられています。音楽療法の働き方に似ているといえるでしょう。要するに、肉体より、感情に作用してくれるということですね。

 私たちは風邪をひいたとき、病院で薬をもらいます。それは肉体の為の物で西洋医学の療法です。では、「心の風邪」をひいたときはどうでしょうか。フラワーエッセンスは心の風邪に効くのです。

 私が興味を持ったきっかけは、「チルドレンズバランス」というブレンドエッセンス。特に、子ども達の為に開発されたのものです。元々、Dr.ウィラードのお子さんがADHDで、その子の為に開発したそうです。その子はこのエッセンスをあげると、落ち着いて集中していられ、しかも、効き目が切れてくると自分から「ちょうだい!」ともらいに来るそうです。ADHDだからこそ、効き目が傍目にもよくわかるんだよ、と笑いながら話していました。

 で、早速、教室のとても元気な、まあ、要するに騒がしく落ち着きのないクラスで使ってみたわけです。するとどうでしょう。明らかに、使用したときとそうでない時、違いがあるんですね~。

今は、小学生のクラスで時々、イメージトレーニングの前に子ども達にあげています。子ども達はフラワーエッセンスをもらうのがとても楽しみらしく、「では、姿勢のいい子にあげま~す!」と言うと、その途端、ピッと、素晴らしくいい姿勢になってくれます。子ども達は本当に自分に良いものが、感覚でわかるんだなと、感心しています。

 チルドレンズバランスの癒し・・・特に0~16歳までの子どもに適したエッセンスです。特に、妹や弟ができて、赤ちゃん返りをしている子どもなどに効果的です。家族や周囲を取り巻く環境の全てから愛され肯定されている感覚を子どもに与えることができます。(参考図書 なりたい自分になれるフラワーエッセンス Dr.テリー・ウィラード

他にも、女性の魅力度UPの為のものや、寝つきが悪い人のためなどのエッセンスがあります。バッチ博士の頃に比べると現代の社会はその頃はなかったストレスがある、とDr.は言います。その為、新しいエッセンスを開発したのだとのこと。Dr.の所には、お花と話ができる美人の子がいました。その彼女の能力が、新しいエッセンスの開発に一役かっているのだそう。彼女に私の花を一つ選んでいただき、メッセージをもらいました。貴重な経験をさせていただきました。

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear ⅿom Vol.20 [ ~世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ~ ]

Dear mom Vol.20

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室 代表 市原美歌のブログです♪

-世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ-

先日、久しぶりにクレヨンハウスに行ってきました。子どもが小さい頃は、絵本や教材を見によく行きましたが、最近は、オーガニックレストランの方ばかりでしたので、絵本コーナーは、久しぶり。新しい絵本を手にとって、本との出会いにワクワク感を味わいながら、思わず時間を忘れて回って見てしまいました。

と、きれいな表紙の本のとその帯の言葉が目に飛び込んできました。

「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、

いくらあっても満足しないことです。」

2012年、ブラジルのリオで環境問題の国際会議が開催されました。小国ウルグアイのムヒカ大統領の演説が始まります。会場の人たちは小国の話にそれほど関心をいだいていないようでした。しかし演説が終わったとき、大きな拍手が沸き起こったのです。

この絵本は、そのスピーチの内容が、素敵な絵と一緒に紹介されています。子供向けのわかりやすい表現に意訳してありますが、大人が読んでも感動してしまいました。

スピーチは現在の利益追求型の社会構造の問題提起にはじまり、本当の問題は、自分たちの生き方、価値観なのではと自分たちに考えさせられる内容になっています。

余談ですが、このムヒカ大統領の生活ぶりを見ていると、日本の「メザシの土光さん」を思い出してしまいました。皆さまは土光さんをご存じでしょうか。

今の時代、そしてこれからの時代は、物質至上主義から本当の幸せを追及していく時代へと価値観の変換が必要なときになっています。

現代を生きる自分たち、そして子ども達にぜひ読んであげたい一冊です。

~~~☆~~~  以下、本文より抜粋  ~~~☆~~~

「古代の賢人エピクロスやセネカ、そしてアイマラ民族は、つぎのように言いました。

『貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、かぎりなく多くを必要とし、もっともっとほしがることである』このことばは、人間にとって何が大切かを教えています。」

「わたしが話していることは、とてもシンプルなことです。

社会が発展することが、幸福をそこなうものであってはなりません。発展とは、人間の幸せの味方でなくてはならないのです。

人と人が幸せな関係を結ぶこと、

子どもを育てること、

友人を持つこと、

地球上に愛があること____

こうしたものは、人間が生きるためにぎりぎり必要な土台です。発展はこれらをつくることの味方でなくてはならない。

なぜなら、幸せこそがもっとも大切な宝だからです。

人類が幸福であってこそ、よりよい生活ができるのです。

わたしたちがよりよい生活をするためにたたかうとき、これをおぼえておかなくてはなりません。ありがとうございました。」

~~~☆~~~☆~~~☆~~~

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ 汐文社より



Dear ⅿom Vol.19 [ -すべての子供たちに学ぶ喜びを!- ]

Dear mom Vol.19

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室 代表 市原美歌のブログです♪

-すべての子どもたちに学ぶ喜びを!-

「あの青空のように美しい心になりたいと思わないかい?」

眞は、周りに座っている子どもたちに青空を指さしながら、聞きました。

「なりたい」

子どもたちは一人残らず答えました。

「美しい心を持つと、周りがすべて美しくなるよ。周りがいくら美しくて

も、みんなの心が美しくないと、周りは美しく輝かないんだよ。みんなの周りを美しくするのは

みんなの心なんだ。心を美しくする方法を知りたいかい?」

「知りたい」「知りたい」

子どもたちは口々に言いました。

「学校の便所は誰も掃除する人がいないから、汚れているよね。あの便所を美しくピカピカに磨

き上げるとね、みんなの心も美しくピカピカになるよ。きれいな心は、周りをきれいにすること

で育つんだよ。便所をきれいにして、きれいな便所を使いたいと思わないかい?それとも汚いま

までいいかい?」

「きれいにして使いたい!」

「じゃあ、明日雑巾を持っておいで」  ・・・・中略・・・・

眞は戦争に負けたことで、心が荒んでしまった子どもたちがいることを知り、悲しく思いました。その子たちの心をなんとか良くしたいと、授業が終わった後に、子どもたちを集めて「青空教室」を開いていたのです。

青空の下で開く教室、そして澄み切った青空の様に心をきれいにしようという教室でした。

新刊 七田眞ものがたり 第一章より

三年前、七田先生を偲ぶ会(七回忌)があり、全国の七田の先生方とご一緒に、島根県の江津市まで行かせていただきました。江津市には、しちだ教育研究所、しちだライフ、そして現在七田先生のメモリアルホールがあり、生前の仕事場の様子と膨大な蔵書の一部等が公開されています。

冒頭のお話は七田先生より、何度か聞いたことがあります。このエピソードが、七田先生が子ども達を教える原点となったお話だということでした。そういえば、手のかかる大変な子どもをお持ちのお母様や、講師の先生が、言うことを聞かない子どもにてこずって悩んでいるときなど、この話をしてくださってたなあ・・と、今回この本を読みながら、懐かしく思い出されました。

七田眞ものがたりという題名から、自叙伝では興味がイマイチ、と思われそうですが、七田先生が、たくさんの失敗と、成功を繰り返しながら、成長し、右脳教育に出会い、夢を追いかけて実現していくその様子が、共感をよぶとともに、人生のお手本を見せてくれているようでした。このリアルないろいろなエピソードは皆さまの、実際の子育てに指針となる内容もたくさん含まれていると思います。私もまた改めて、よき師に出会えたことを感謝いたします。

 

~~~*~~~*~~~~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

  人は皆、平凡な人生を生きているものだ。

  しかし、それを平凡で無くすことができるのである。

  それは、その人の志の高さによる。

  自分の平凡な人生の中に隠された宝を

  見つけ出そうとする精神の指向性による。 

                       七田 眞



Dear ⅿom Vol.18[ 奇跡の脳 ]

Dear mom Vol.18

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室 代表 市原美歌のブログです♪

奇跡の脳

色を手段として利用できると教えられるまで、色を見ることができなかったなんて、いまだに信じられません。色について教えられるまで左脳がそれを「登録(レジスター)」できないなんて、いったい誰が予想できたでしょう?三次元でものを見ることも同じでした。CG(ママの愛称)は物が異なる奥行きにある状況をわたしに教えなくてはなりませんでした。いくつかの物体が、近くにあったり遠くにあったり、そしてある物は他の物の前にあるかもしれないことを指摘してくれました。こんなあたりまえのことも教えてもらわなくてはならないのです。他の物の後ろにある物は一部が隠れて見えないかもしえないけれど、見えている一部から物の形は推測できるのだ、ということも。・・(中略)

わたしたちは一緒に、最も厳しいと思われる課題に取り掛かりました。それは、書かれた言葉の意味を私に教え込むこと。どうして、こんな曲がりくねった「染み」みたいなものをCGが重要だと考えるのか、わたしにはちんぷんかんぷんでした。CGが「S」を見せて、「これはエスよ」といったのを憶えています。そしてわたしはこう答えるのです。

「ママ、ちがうわ、それはくねくねしたしみよ」するとCGは言います。

「この曲がった染みは『S』で『スー』という音がするの」

わたしは、母が正気を失ったのではないかと思いました。くねくねと曲がった染みは、どう見ても単なる染みにすぎないし、音なんかしないはず。 奇跡の脳 ジル・ボルト・テイラー著より抜粋

どうですか?まるで、子どもの成長過程をみている様ですよね。この本は、ハーバード大学で脳神経科学の専門家としてバリバリ活躍していたジル博士が、ある日、脳卒中に襲われ、その後回復していく様子を綴ってあります。脳科学者が脳卒中というドキュメンタリーとしても興味深い内容ですが、それ以上に、回復の様子が子ども達の成長と重なる部分が多く、とても参考になりました。特筆すべきは、ジル博士は主に左脳の機能にダメージを受けたため、右脳優位の状態ということが、どういうことか、内部感覚の様子が詳しくわかります。

子ども達は、右脳優位の状態です。とくに0~6歳の時期は。右脳は素晴らしいんですよ。記憶も左脳の200万倍ともいわれているんですよとか、右脳は一体感、全体ですよ。エネルギーを感じる力があるんですよ。とは、いつもお話していることですが、それが、体感としてどのようなものなのか、理解することができます。詳しくはぜひ本をご一読を。読むのが苦手という方はYouTubeで、ジル博士の講演を短いですが聞くことができます。(TED日本語訳つき)

子どもの脳力開発をしていく上で、脳の仕組み、働き方を知るのにきっと参考になる本だと思います。また、後半の付録Bでは、子育て(脳育て)で心がけたい事が、書かれています。例えば、そばに来て、ゆっくり話し、はっきり発音して。視線を合わせて。見よう見まねのやり方で教えて下さい。答えを探す時間を与えて。脳は常に学び続けることができると、固く信じてください。小さな成功を全て讃えてください。励ましてほしい。現在のわたしをそのまま愛して。等々。

最後に本文より。右脳の意識の中では、私たちは人類の可能性を秘めた宇宙のタペストリーに織り込まれているのだと感じ、人生の素晴らしさを感じ、ありのままを美しく感じます。

右脳マインドの性格は冒険好きで、豊かさを喜び、とても社交的。言葉のないコミュニケーションに敏感で、感情移入し、感情を正確に読み取ります。宇宙とひとつになる永遠の流れを気持ちよく受け入れます。それは聖なる心、智者、賢人、そして観察者の居場所なのです。直観と高度な意識の源泉です。



1 / 3123





ブログ

Dear mom Vol.27 『 親の「感動」が子供を大きくする 』

Dear mom Vol.27

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

親の「感動」がこどもを大きくする

 とはいえ、「ほめる子育て」は、まだ十分理解されていないようです。

 まず、「ほめられるのに慣れた子どもは、ほめられないと動かなくなるのでは?」とか、「いいことと悪いことの区別がつかなくなるのでは?」と心配する人もいます。

 事実はその正反対です。「ほめる子育て」を実践すると、愛されている子どもは心にネガティブなところがないので、まっすぐ優しく育ちます。

 素直で能力が高く、大人の注目を浴びる為に、問題行動を起こすこともなく、そもそも叱るようなことがないのです。

 なお、大脳生理学から「ほめる子育て」を検証すると、興味深いことがわかります。

 感動に満ちた言葉がけを受けた子どもの心には、感動が育ちます。そして感動が育つと、大脳辺縁系の扁桃体が育つのです。

 扁桃体は情動をつかさどります。そして、感動のシャワーを浴びるチャンスが多いほど、扁桃体はよく育つのです。その回路は右脳に通じていますから、扁桃体を育てる「感動教育」は、大きな意味で、右脳開発でもあります。

 今の教育の主流は前頭葉に刺激を与える「知性教育」が中心で、「感動教育」は行われていません。

 しかし、イチロー、松井秀喜さん、横峯さくらさん、福原愛さんといった一流の人たちの育てられ方を聞くと、最高の感動教育を受けていることがわかります。

 それぞれの分野で秀でた業績を上げるには、最高の感動をもらって、扁桃体を育てることが大切なのです。                         魂の教育  七田眞著より抜粋

~☆~~☆~~~☆~~~~☆彡

 そういえば、ドーマン法の開発者のドーマン博士が興味深い実験をしていました。才能開発教室に通う子ども達を2つのグループに分けます。金髪おバカママグループと黒髪知的ママグループ(あくまでもたとえです)。

 さて、どちらの子ども達がよく発達していたでしょうか?・・・なんと、金髪おバカママグループ!!スタッフ全員の予想は裏切られたそうです。そしてその差は、どこからくるのか調べたところ、ほめ方だったとのこと。知的レベルの高いママは、子どもが何かできた時、リアクションが薄く、それに比べ、おバカママは、髪をふりみださんばかりに喜んでメチャクチャほめる。わが子のできた!に純粋に感動できるんですね。まさに「感動教育」です。

 教室に来られるお母様、お父様は知的レベルの高い方ばかりです。が、ここはひとつ、わが子の成長の為、「メチャクチャほめる」を、実践していきましょうね。      代表 市原 美歌

~☆~~☆~~~☆~~~~☆彡

「こどもを認める、ほめる」というのは、口先だけのことではないからです。本当に「ほめる」子育てをするためには、親は、根本的に、わが子に対する見方をふかめていかなくてはなりません。

 基本は「できなくてあたりまえ」という前提から出発することです。

 子どもに対して勝手に設定した基準を、いったんすべてなくしてしまいましょう。すると、こどものすることはすべて愛らしく、喜びをもたらしてくれます。

 ちょっとした成長のサインだけでも嬉しく、感動に値することがわかります。そして自然に、心の底から、「あなたはすばらしい」と、子どもに語りかけているはずです。

つまり、本当の「ほめる子育て」とは、「親の感動を伝える子育て」なのです。   魂の教育より  

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.26 「 どんな子どもを育てたいか 」

Dear mom Vol.26

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

どんな子どもを育てたいか

 幼児教育は、ついつい知識を詰め込み、技術を教えることに目が行ってしまいます。

それらは確かに大切なことには違いありませんが、もっと大切な事は、子どもが自分で学ぶ力を育てる、ということです。

 ただ知識を学ばせるのではなく、自分で学ぶ力を育ててやりましょう。学びたい気持ちを引き出し、自分で学ぶ環境作りを考えてあげましょう。

 これからの時代に求められるのは、自分で考え、行動し、問題解決していく能力を持った人材です。子ども達に、自分で観察し、実験し、工作させる、スペースと時間をご家庭で作りましょう。

 さて、表題の「どんな子どもを育てたいか?」について七田先生は以下の様に言っています。

  1.個性のある子に育てる。

  2.感性のある子に育てる。

  3.創造性のある子に育てる。

  4.心の豊かな子に育てる。

  5.人間性のある子に育てる。(勉強中心でなく、人への思いやり、やさしさのある子に育てる。)

 これを「コソカシン人間」と、覚えましょう。七田式らしいですね!(笑)。

 コは個性、カは感性、ソは創造性、シンは心、人間は人間性を表します。

 とはいっても、目の前に、お受験があるんですよ~。という声が、聞こえてきそうです。

 場所柄、教育熱の高い地域でもあり、小学校受験をお考えのかたも多いことでしょう。子育ての目標は、有名小学校に入学させることではありません。が、小学校受験が子育ての関門であることは事実です。この関門を通過するには、小学校受験でどんな子どもが合格の基準となるか知っておくことは、子育ての上で決して無駄にはならないでしょう。

 有名小学校が試験で子ども達を評価する基準は次の10項目あります。

  1.感性が豊かか・・・自然を見て感動する心、やさしさ思いやりが育っているか

  2.目の輝きがあるか・・・身の回りのことに対する興味、関心。意欲、積極性

  3.体が丈夫に育っているか・・・ボール遊び、スキップ、外遊び

  4.注意力、集中力があるか・・・人の話が注意して聞けるか

  5.理解力、表現力があるか・・・考えたり、理解したことを言葉、絵、作業で表現

  6.生活を自立しているか・・・ハミガキ、洗顔、衣類の着脱。挨拶、お礼、謝罪など

  7.生活体験は豊かか・・・家族で遊園地、音楽会、美術館。双六、トランプ、かるた。

  8.社会性、協調性はあるか・・・集団行動。よい、わるいのけじめがあるか

  9.情緒が安定しているか・・・泣いたり、騒いだりしない。粘り強さ。穏やかさ。

  10.創造性、想像性はあるか・・・お話しから、想像したり、絵に描いたりできるか

 以上、10項目あげましたが、何よりも大事なことは、親子関係がしっかりと育っているかです。この10項目は、しっかりとした親子関係の土台の上に築かれていくものですので、そこはブレないでくださいね。また、子どもの「できない」はできないのではなく、親の「教えていない」です。

「興味がない」は「興味の持たせ方」に工夫が必要だからです。

 子育ては、目の前の受験の為ではなく、この子たちの20年後、30年後、未来を託すことのできる人間を育てることが教育の目的であることを覚えておきましょう。    

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.25 「 おへそのさき 」

Dear mom Vol.25

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 

 「 おへそのさき 」

 だいちゃんは おかあさんの おへそをさわりながら、

 ふっと、ふしぎな きもちに なりました。

「おかあさんの おへそも、おばあちゃんと つながっていたの?」

「そうよ。おばあちゃんの おへそは、ひいばあちゃんに、ひいばあちゃんの

 おへそは ひいひいばあちゃんにって、ずっと つながっていくのよ。」

「ずっと ずっと?」

 だいちゃんは、「ずっと ずっと」が どこまで つづくのか

 かんがえながら、たどっていきました。

「おへその ずっと さきは、どこに つながっているのかなぁ?」 

 

あらすじ:あかちゃんが、生まれるのを楽しみにしていたはずのだいちゃん。実際に生まれてみたらみんなが妹をかわいがってばっかり・・。面白くないだいちゃんは、思わず、赤ちゃんのほっぺを、ぎゅう!(つねる)しちゃいました。そんなだいちゃんにお母さんはおへそのさきのおはなしをはじめます。

上の子が下の子にやきもちを焼く・・そんな経験はご兄弟をお持ちのお母さんは必ずありますよね。そんな時、みなさま、どんな対処をしていますか?やきもちを焼くというのは不公平感を感じるということで、それには脳内の扁桃体という部位が関係しています。(因みに、実験用マウスに過度なストレスをかけて育てると、扁桃体の肥大がみられ、ストレスに対する過剰反応がみられるようになります。)

要するに、やきもちを焼くという行為は、ごく当たり前の反応なのですが、それに対して、親は温かく接してあげていただきたいと思います。私たちも、赤ちゃんが生まれて初めて、お母さんになるように、上の子も初めて、お兄ちゃん、お姉ちゃんになるのですから。そうはいっても、なかなか理想通りにはいかないのが子育てです。そんな時、お母さんとお子さまにお助けの一冊になるんじゃないかなと思います。

以前、この絵本作者の入江富美子さんのお話を聞きましたので、ポイントを一つお伝えします。

すべての人は、み~んなお母さんとへその緒でつながっていました。そのお母さんはそのお母さんとおへそでそしてまたそのお母さんと。ということを、まず知って意識するだけで、命の尊さを考えることができます。そして、ず~っとつながってきたご先祖様たちのパワーもいただけるそうです!!(^^)!!

~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*

「へそ」の「へ」は、船の舳先(へさき)、へりでもあり先のこと、つまり先端のこと。

「へそ」の「そ」は、「もと」「祖」「素」であり、すべてのもとという意味。

「へそ」はすべてのもとから、今を生きている先の人のところまで、みんな美しくつながっているよ・・・そういう意味が込められているのです。このことが大事だということを日本人は昔から知っていたのでしょう。        

  へそ道 入江富美子著 サンマーク出版より抜粋

~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*

へそを意識してへそからも呼吸するつもりで、呼吸してみてください。普通の呼吸とは違った感じが得られると思います。おすすめです。呼吸法についてはまたの機会に詳しくお伝えできたらと思います。

 

 

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.24 「 和顔愛語(わげんあいご)(*^▽^*) 」

Dear mom Vol.23

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 「 和顔愛語 」

 2年ほど前になります。七田厚先生の講演会でのサインに、この四字熟語がありました。本にサインしていただいた方、きっと皆さん「どういう意味?」と思いませんでしたか?

 で、講演会後、早速質問してみました。

「仏教用語にある無財の七施から引用させていただきました。意味は、穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接することです。」とのこと。ふ~ん、まるで厚さんの雰囲気そのままだなと感心。

 今回の講演会は、日曜日ということもあったせいか、沢山のパパ達に来ていただきました。普段は忙しくなかなか子ども達と接する時間が取れないパパ達だと思いますが、皆さんとても熱心に講演を聞かれていました。さすが教室の生徒さん、意識の高さは素晴らしいですね。子どもの教育にパパが参加しいただくと、必ず賢い子に育ちます。

 えっ、パパとママでは教育方針がちがう?・・・大丈夫です。なぜなら、パパとママは役割が違うからです。母親はありのままの姿を受け入れます(受容)。それに対して父親はあるべき姿を教えます(社会)。これが、母性と父性の違いです。そして母性と父性の両方を学ぶことにより、子どもは、バランスよく育っていくことができます。

 うちは一人親で・・・大丈夫です。ちょっと大変ですが、ママ(もしくはパパ)が、母性と父性と両方の側面を使い分けて見せてあげましょう。

~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~

 生きていく上で、人はたくさんの人と出会います。その人たちと上手にコミュニケーションが取れれば、たいていの人生の悩みは解決してしまうと言えるかもしれません。

 ・・(中略)・・「人間関係に恵まれている」と自分で思える人ほど、学校や会社、スポーツや音楽の世界で活躍している、という調査報告もあるくらいです。そういう意味でも、幼児期に子どもが一番身近に接するのは親ですから、親と子の関係こそが、子どもにとっての人間関係のスタートになります。

 ここで大切になるのは、親の愛情がしっかり子どもにつたわっているかどうかです。人間関係の根本にあるのは「愛」、そして相手の心をくみ取ろうとする思いやりの「心」。子どもは知らないことはできません。親から十分な愛情を受け取って育つことで初めて、人を尊敬、尊重することを学び「人を愛する」「人から愛される」ようになります。

愛情を伝える手段となるコミュニケーションの基本は、「挨拶」と「返事」です。

 この二つが笑顔とともにできるだけで、多くの人に親しみを持ってもらうことができます。特に目上の人からかわいがってもらえるものです。・・(中略)・・

 家庭は、子どもにとって最初に触れる学びの場であることを忘れないでおきましょう。  

七田厚著 子どもの才能は親の口グセでひきだせる!からの抜粋 

~~~~☆~~~~~☆~~~~~☆~~~~☆~~~~~☆~~~~☆~~~~~

 また、講演会では特に「絵本読み」の大切さを強調されていました。

「子どもを本好きな子に育てたら、子育ての半分は成功したものと思っていい。と、七田眞(父)が言っておりました。」いいですね~。

 絵本の読み聞かせは、子どもにとって親を独り占めにできる、また親にとっても愛情を伝えることのできる貴重な時間です。絵本読みの時間を楽しい親子の時間として持っていきましょう。

5月は新緑の季節。『目に青葉、山ほととぎす 初鰹』嬉しいもの沢山ですね♡ 

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.23 「 🌸  認めて ほめて 愛して育てる 🌸 」

Dear mom Vol.23

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 「 🌸  認めて ほめて 愛して育てる 🌸 」

桜、きれいですね~。毎年、見ているはずなのに毎年、今年の桜はきれいだなあ~と感動します。

日本の桜は、海外でも有名なようで多くの外国人が、お花見をしに来日されています。美しいものを感じる力は万国共通ですね。

 私は時々、大きくて立派な木を見つけると、手のひらをあてて、パワーをわけていただく事をしたりします。例えば、神社の御神木といわれるような木とかですと、ちょっと触ってみたくなりませんか。ただし・・桜の木は、花が咲き誇っているこの季節のみ限定です。

 なぜかというと、以前、植物とお話しできるある方が、花の咲いていない季節に桜に触ったら、

『なにをするんですか!触らないでください!温度が(私たちのいうところの体感温度が人肌の温度で)狂うじゃないですか!』と、言われたそうです。桜は、花咲く一週間の為に、本当に繊細に微妙な温度を感じ取って調節しているとのこと、そして一年分のパワーをこの一週間に出してくれるそうです。その話を聞いてから、一段と、桜を見るたびに感動が深まるようになりました。

 ちなみに、桜の木も「わぁ~!きれ~い!すご~い!」と、言ってあげ、またパチパチと手を叩いてあげると、とっても、喜んでくれるそうです。なんだか、子ども(大人も?)と、一緒ですね(笑)。

🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸  🌸 🌸

さて、この春から、子育てをする方全員に、心にとめておいていただきたいポイントがあります。

〈子育ての六つのポイント〉

 1.子どもの短所をみない。長所を見てほめる。

 2.今の姿をできあがった姿と見ない。成長の途中の過程と見る。

 3.完全主義で育てない。少しでもできたら感動し、ほめる。

 4.他の子どもと比較せず、子どもの個性と見る。

 5.学力中心で育てない。知識を教え込むことに一生懸命にならない。

 6.ありのままの子どもを受け入れる。

*これらの点に気をつけていただくと、子どもは親から愛されていることを実感でき、親子の信頼の絆ができます。すると、子どもは親の働きかけをすなおに受け入れるようになるのです。

~~~~****~~~~****~~~~****~~~~****~~~~

「認めて、ほめて、愛して育てる」教育を実践すると、子どもは自分が愛されて、尊重されているという確信をもてます。

「認めて、ほめて、愛して育てる」教育によって、心を育んだ子どもは、豊かな人間関係を楽しめるようになります。

「認めて、ほめて、愛して育てる」教育を受けると、子どもたちは心やさしく、素直に育ちます。

 考えてみれば、どんなお母さんも、わが子が生まれたとき感動し、精いっぱい愛し、大切に育てようと心に誓ったはずです。けれど子育てのあわただしさや、「こうなってほしい」「ああなってほしい」という焦りのために、そんな思いをつい忘れがちになってしまうのではないでしょうか。

 私は、お母さんがまず「かけがえのないわが子」という原点に立って、子どもと向き合うことを勧めています。というのも、最新の脳の研究成果によると、リラックスこそが子どもの能力を最大に引き出すことが分かっているからです。潜在能力を発揮するカギを握る右脳は、子どもがお母さんとの一体感を感じ、心からくつろいでいてこそ発揮できるのです。魂の人生学 七田眞著 七田厚監修より抜粋

~~~~****~~~~****~~~~****~~~~****~~~~

 七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear mom Vol.22 「 あなたは絶対!運がいい」

Dear mom Vol.22

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 『 あなたは絶対!運がいい』

私は大学生の時に何人かの子ども達の家庭教師をしていましたが、私が生徒の成績を心配し始めると、本人たちの心配まで膨らんでいくことに気付きました。

 例えば、いつも簡単な計算ミスをする生徒に

「大丈夫かな、今回も肝心なところでミスしたらダメよ」と思ったりいったりすると、知らないあいだに生徒の方でも、

「私ってほんとに小さなミスしやすいんだよね。今回もしちゃうかもな~」と、そうなって欲しくないほうに心が動くのです。 (中略)

 自分が不安になっていたときのことを思い返してみても、身近にいる人、特に親の「不安に対しての気持ちの持ち方」は大きな影響を与えていたと思います。

 私は大学を卒業してすぐにロンドンに留学しましたが、当時は不安でいっぱいでした。

自分のやりたいことがはっきりと決まっていなかったので、「打ち込めることがこのままずっと見つからなかったらどうしよう」とか、「帰ってきたときに留学の経験がいかせなかったらどうしよう」など、ただ漠然と不安だったのです。もともと真面目な性格だったこともあり、「ただ楽しんでくればいい」という気楽な気分にはなれませんでした。

 ですが、いつも母親が、「あなたが『よかった』と満足する状況に必ずなるから大丈夫よ」とせんげんしていたので、「そうか、よくわからないけど、最後はそうなるんだろう」となんの根拠もなく思っていました。

 実際、それから数ヶ月後に、やりたいことが見つかり、日本に帰国後留学時のことを書いた日記が本になりました。それから様々な出会いとタイミングが重なって本を書く世界に入ったので、考えてみると、本当に母親の言葉どおりになったのです。

 圧倒的な確信をもてそう言っている人がまわりにいると(それが親である場合は特にそうです)、自然と、「そうなのかもしれない」というように考え始めると思います。 これは、親から子どもでも、奥さんからご主人でも、上司から部下でも、友人から友人でも同じです。

 いつも一緒にいる人の状況を変えたい、好転させてあげたい、と思うのであれば、不安なイメージをあおるのではなく、望む方のイメージを与えてあげること、それにはまず自分がそうおもうことです。(あなたは絶対運がいい2 浅見帆帆子著より)

 その前頁には、あなたのイメージで相手が変わるとしてこんなことが書いてあります。

 同じように他人の為を思って心配している場合も逆効果になっていることがよくあります。例えば、親が子供のなにかを心配する場合、「このままではこうなってしまうわよ」「ああなったら困るでしょ」「こんな大変なことになるわよ」と口に出しながら心配したら、ますます悪い状況を引き寄せることになります。まっさらの状態の子どもに、わざわざ悪いイメージを植え付けていることになるからです。

 その問題を解決させるには、「このままいくとこうなってしまう」ではなく、子どもが望んだことをしている姿、たとえば「元気に学校へ通っている姿」、「楽しそうに勉強している姿」、「友達と仲良くしている姿」などを思い描くことです。

 幼い子どもにはお母様の思いがストレートに伝わります。どの子も育つ母親次第!子育ては親育てです。子どもを信じて褒め上手なママになりましょうね。

 七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌

 



Dear ⅿom Vol.21   🌸 フラワーエッセンス  🌸 

Dear mom Vol.21

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室・鎌倉教室 代表 市原美歌のブログです♪

 🌸 フラワーエッセンス 🌸

カナダのレイクルイーズ、とっても綺麗な場所でした。そこは国立公園の中。10年前になります。美しい風景と、美しい空気に、身も心洗われる心地を味わいながら散策・・と聞くと、とっても素敵な感じに思われるでしょう。が、ほとんど山野道と部屋での講習会。次は観光で行くぞ!

 Dr.テリーウィラード、カナダの薬草学博士(他にも沢山の肩書)と、一緒に、山歩きをしながら、花の名前の由来や、薬草の効用など、教えていただきました。柳に解熱、痛み止めの効果があるなんて知っていましたか?ネイティブインディアンは、痛みのある時、柳の小枝を束ねて口に含むことをするそうです。余談ですが。

 フラワーエッセンスは、実は今から80年前にエドワード・バッチ博士によって開発されていました。彼は約40種類のフラワーエッセンスとブレンドエッセンスを開発、その後、ヨーロッパを中心に一般の人々にも注目されるようになり、世界に広がりました。

 フラワーエッセンスは、ホメオパシー(同種療法)から発展したものでもあり、極微量を摂取していくという点においては共通しています。が、フラワーエッセンスの働き方は、ポジティブな性質によってネガティブな心理状態を相殺すると考えられています。音楽療法の働き方に似ているといえるでしょう。要するに、肉体より、感情に作用してくれるということですね。

 私たちは風邪をひいたとき、病院で薬をもらいます。それは肉体の為の物で西洋医学の療法です。では、「心の風邪」をひいたときはどうでしょうか。フラワーエッセンスは心の風邪に効くのです。

 私が興味を持ったきっかけは、「チルドレンズバランス」というブレンドエッセンス。特に、子ども達の為に開発されたのものです。元々、Dr.ウィラードのお子さんがADHDで、その子の為に開発したそうです。その子はこのエッセンスをあげると、落ち着いて集中していられ、しかも、効き目が切れてくると自分から「ちょうだい!」ともらいに来るそうです。ADHDだからこそ、効き目が傍目にもよくわかるんだよ、と笑いながら話していました。

 で、早速、教室のとても元気な、まあ、要するに騒がしく落ち着きのないクラスで使ってみたわけです。するとどうでしょう。明らかに、使用したときとそうでない時、違いがあるんですね~。

今は、小学生のクラスで時々、イメージトレーニングの前に子ども達にあげています。子ども達はフラワーエッセンスをもらうのがとても楽しみらしく、「では、姿勢のいい子にあげま~す!」と言うと、その途端、ピッと、素晴らしくいい姿勢になってくれます。子ども達は本当に自分に良いものが、感覚でわかるんだなと、感心しています。

 チルドレンズバランスの癒し・・・特に0~16歳までの子どもに適したエッセンスです。特に、妹や弟ができて、赤ちゃん返りをしている子どもなどに効果的です。家族や周囲を取り巻く環境の全てから愛され肯定されている感覚を子どもに与えることができます。(参考図書 なりたい自分になれるフラワーエッセンス Dr.テリー・ウィラード

他にも、女性の魅力度UPの為のものや、寝つきが悪い人のためなどのエッセンスがあります。バッチ博士の頃に比べると現代の社会はその頃はなかったストレスがある、とDr.は言います。その為、新しいエッセンスを開発したのだとのこと。Dr.の所には、お花と話ができる美人の子がいました。その彼女の能力が、新しいエッセンスの開発に一役かっているのだそう。彼女に私の花を一つ選んでいただき、メッセージをもらいました。貴重な経験をさせていただきました。

七田式 池袋・大塚・田端・鎌倉教室 代表 市原 美歌



Dear ⅿom Vol.20 [ ~世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ~ ]

Dear mom Vol.20

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室 代表 市原美歌のブログです♪

-世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ-

先日、久しぶりにクレヨンハウスに行ってきました。子どもが小さい頃は、絵本や教材を見によく行きましたが、最近は、オーガニックレストランの方ばかりでしたので、絵本コーナーは、久しぶり。新しい絵本を手にとって、本との出会いにワクワク感を味わいながら、思わず時間を忘れて回って見てしまいました。

と、きれいな表紙の本のとその帯の言葉が目に飛び込んできました。

「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、

いくらあっても満足しないことです。」

2012年、ブラジルのリオで環境問題の国際会議が開催されました。小国ウルグアイのムヒカ大統領の演説が始まります。会場の人たちは小国の話にそれほど関心をいだいていないようでした。しかし演説が終わったとき、大きな拍手が沸き起こったのです。

この絵本は、そのスピーチの内容が、素敵な絵と一緒に紹介されています。子供向けのわかりやすい表現に意訳してありますが、大人が読んでも感動してしまいました。

スピーチは現在の利益追求型の社会構造の問題提起にはじまり、本当の問題は、自分たちの生き方、価値観なのではと自分たちに考えさせられる内容になっています。

余談ですが、このムヒカ大統領の生活ぶりを見ていると、日本の「メザシの土光さん」を思い出してしまいました。皆さまは土光さんをご存じでしょうか。

今の時代、そしてこれからの時代は、物質至上主義から本当の幸せを追及していく時代へと価値観の変換が必要なときになっています。

現代を生きる自分たち、そして子ども達にぜひ読んであげたい一冊です。

~~~☆~~~  以下、本文より抜粋  ~~~☆~~~

「古代の賢人エピクロスやセネカ、そしてアイマラ民族は、つぎのように言いました。

『貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、かぎりなく多くを必要とし、もっともっとほしがることである』このことばは、人間にとって何が大切かを教えています。」

「わたしが話していることは、とてもシンプルなことです。

社会が発展することが、幸福をそこなうものであってはなりません。発展とは、人間の幸せの味方でなくてはならないのです。

人と人が幸せな関係を結ぶこと、

子どもを育てること、

友人を持つこと、

地球上に愛があること____

こうしたものは、人間が生きるためにぎりぎり必要な土台です。発展はこれらをつくることの味方でなくてはならない。

なぜなら、幸せこそがもっとも大切な宝だからです。

人類が幸福であってこそ、よりよい生活ができるのです。

わたしたちがよりよい生活をするためにたたかうとき、これをおぼえておかなくてはなりません。ありがとうございました。」

~~~☆~~~☆~~~☆~~~

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ 汐文社より



Dear ⅿom Vol.19 [ -すべての子供たちに学ぶ喜びを!- ]

Dear mom Vol.19

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室 代表 市原美歌のブログです♪

-すべての子どもたちに学ぶ喜びを!-

「あの青空のように美しい心になりたいと思わないかい?」

眞は、周りに座っている子どもたちに青空を指さしながら、聞きました。

「なりたい」

子どもたちは一人残らず答えました。

「美しい心を持つと、周りがすべて美しくなるよ。周りがいくら美しくて

も、みんなの心が美しくないと、周りは美しく輝かないんだよ。みんなの周りを美しくするのは

みんなの心なんだ。心を美しくする方法を知りたいかい?」

「知りたい」「知りたい」

子どもたちは口々に言いました。

「学校の便所は誰も掃除する人がいないから、汚れているよね。あの便所を美しくピカピカに磨

き上げるとね、みんなの心も美しくピカピカになるよ。きれいな心は、周りをきれいにすること

で育つんだよ。便所をきれいにして、きれいな便所を使いたいと思わないかい?それとも汚いま

までいいかい?」

「きれいにして使いたい!」

「じゃあ、明日雑巾を持っておいで」  ・・・・中略・・・・

眞は戦争に負けたことで、心が荒んでしまった子どもたちがいることを知り、悲しく思いました。その子たちの心をなんとか良くしたいと、授業が終わった後に、子どもたちを集めて「青空教室」を開いていたのです。

青空の下で開く教室、そして澄み切った青空の様に心をきれいにしようという教室でした。

新刊 七田眞ものがたり 第一章より

三年前、七田先生を偲ぶ会(七回忌)があり、全国の七田の先生方とご一緒に、島根県の江津市まで行かせていただきました。江津市には、しちだ教育研究所、しちだライフ、そして現在七田先生のメモリアルホールがあり、生前の仕事場の様子と膨大な蔵書の一部等が公開されています。

冒頭のお話は七田先生より、何度か聞いたことがあります。このエピソードが、七田先生が子ども達を教える原点となったお話だということでした。そういえば、手のかかる大変な子どもをお持ちのお母様や、講師の先生が、言うことを聞かない子どもにてこずって悩んでいるときなど、この話をしてくださってたなあ・・と、今回この本を読みながら、懐かしく思い出されました。

七田眞ものがたりという題名から、自叙伝では興味がイマイチ、と思われそうですが、七田先生が、たくさんの失敗と、成功を繰り返しながら、成長し、右脳教育に出会い、夢を追いかけて実現していくその様子が、共感をよぶとともに、人生のお手本を見せてくれているようでした。このリアルないろいろなエピソードは皆さまの、実際の子育てに指針となる内容もたくさん含まれていると思います。私もまた改めて、よき師に出会えたことを感謝いたします。

 

~~~*~~~*~~~~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

  人は皆、平凡な人生を生きているものだ。

  しかし、それを平凡で無くすことができるのである。

  それは、その人の志の高さによる。

  自分の平凡な人生の中に隠された宝を

  見つけ出そうとする精神の指向性による。 

                       七田 眞



Dear ⅿom Vol.18[ 奇跡の脳 ]

Dear mom Vol.18

 0歳からの才能開発 七田式 池袋教室・大塚教室・田端教室 代表 市原美歌のブログです♪

奇跡の脳

色を手段として利用できると教えられるまで、色を見ることができなかったなんて、いまだに信じられません。色について教えられるまで左脳がそれを「登録(レジスター)」できないなんて、いったい誰が予想できたでしょう?三次元でものを見ることも同じでした。CG(ママの愛称)は物が異なる奥行きにある状況をわたしに教えなくてはなりませんでした。いくつかの物体が、近くにあったり遠くにあったり、そしてある物は他の物の前にあるかもしれないことを指摘してくれました。こんなあたりまえのことも教えてもらわなくてはならないのです。他の物の後ろにある物は一部が隠れて見えないかもしえないけれど、見えている一部から物の形は推測できるのだ、ということも。・・(中略)

わたしたちは一緒に、最も厳しいと思われる課題に取り掛かりました。それは、書かれた言葉の意味を私に教え込むこと。どうして、こんな曲がりくねった「染み」みたいなものをCGが重要だと考えるのか、わたしにはちんぷんかんぷんでした。CGが「S」を見せて、「これはエスよ」といったのを憶えています。そしてわたしはこう答えるのです。

「ママ、ちがうわ、それはくねくねしたしみよ」するとCGは言います。

「この曲がった染みは『S』で『スー』という音がするの」

わたしは、母が正気を失ったのではないかと思いました。くねくねと曲がった染みは、どう見ても単なる染みにすぎないし、音なんかしないはず。 奇跡の脳 ジル・ボルト・テイラー著より抜粋

どうですか?まるで、子どもの成長過程をみている様ですよね。この本は、ハーバード大学で脳神経科学の専門家としてバリバリ活躍していたジル博士が、ある日、脳卒中に襲われ、その後回復していく様子を綴ってあります。脳科学者が脳卒中というドキュメンタリーとしても興味深い内容ですが、それ以上に、回復の様子が子ども達の成長と重なる部分が多く、とても参考になりました。特筆すべきは、ジル博士は主に左脳の機能にダメージを受けたため、右脳優位の状態ということが、どういうことか、内部感覚の様子が詳しくわかります。

子ども達は、右脳優位の状態です。とくに0~6歳の時期は。右脳は素晴らしいんですよ。記憶も左脳の200万倍ともいわれているんですよとか、右脳は一体感、全体ですよ。エネルギーを感じる力があるんですよ。とは、いつもお話していることですが、それが、体感としてどのようなものなのか、理解することができます。詳しくはぜひ本をご一読を。読むのが苦手という方はYouTubeで、ジル博士の講演を短いですが聞くことができます。(TED日本語訳つき)

子どもの脳力開発をしていく上で、脳の仕組み、働き方を知るのにきっと参考になる本だと思います。また、後半の付録Bでは、子育て(脳育て)で心がけたい事が、書かれています。例えば、そばに来て、ゆっくり話し、はっきり発音して。視線を合わせて。見よう見まねのやり方で教えて下さい。答えを探す時間を与えて。脳は常に学び続けることができると、固く信じてください。小さな成功を全て讃えてください。励ましてほしい。現在のわたしをそのまま愛して。等々。

最後に本文より。右脳の意識の中では、私たちは人類の可能性を秘めた宇宙のタペストリーに織り込まれているのだと感じ、人生の素晴らしさを感じ、ありのままを美しく感じます。

右脳マインドの性格は冒険好きで、豊かさを喜び、とても社交的。言葉のないコミュニケーションに敏感で、感情移入し、感情を正確に読み取ります。宇宙とひとつになる永遠の流れを気持ちよく受け入れます。それは聖なる心、智者、賢人、そして観察者の居場所なのです。直観と高度な意識の源泉です。



1 / 3123